忍者ブログ

Halcyon Days

『るろうに剣心』 『フルメタル・パニック!』 の二次創作を
メインとする一個人のファン・サイトです。
<< 09月    2017 / 10    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31      11月 >>

実写版 『図書館戦争』

続編を来年秋に公開するとか。

岡田くん主役のアクション映画として大歓迎です。いや、皮肉でなく、前作はおもしろかったし、満足してます。

榮倉奈々さんには……もう少し頑張ってほしいですねえ。
PR

Comment (0) 

月曜が祝日だったせいで

曜日を勘違いしてました。

『相棒』の初回を見逃してるとつい先ほど気付きました。しくしく。

Comment (0) 

『るろ剣』 京都大火編&伝説の最期編見ました

いいチャンバラ映画になってたと思います。ドラマ性や心理描写は足りないものの、アクション映画としてなら十分です。

原作と比較してしまうと不満な点はどうしたってありますが、マンガ原作の実写化として個人的には合格判定です。アニメ版監督の自己満足作品に比べれば、遥かにいいものに仕上がってます(アニメもTV版京都編だけはよかったけど)。

力を入れていただけあって、アクションが本当にすごいです。CGなし、早回しなし、本人がワイヤーのみで撮ってるとのことですが、それでもこれだけのものができるんですねえ。殺陣とアクションの組み合わせが見事でした。

健剣心、文句なくカッケー。煉獄艦内で神木宗次郎と戦ったシーンが特に好きかな。志々雄を囲んだ1対4の戦いで、原作とアニメは1対1を順に繰り返したのに反して、4人がかりだったのですが、これはこれで志々雄の異常な強さが現れてたかもしれません。そういえば4人の連携を見てるとき、殺陣師やアクション監督は苦労したろうなあとか改めて思っちゃいました。

が、男性陣のアクションがものすごく良いせいで、薫殿のアクションシーンの拙さが目立ってしまってました。腕だけ振り回してる感じでお粗末すぎる……。弥彦のほうがちゃんとできてたように見えました。操ちゃんは、アクションそのものはよかったけど、この女優さんの顔の形と髪型が合ってないためか、なんだかブサイkゲホゲホ、えっとビジュアルが今一つ残念でした。

ストーリー的には、「京都大火編」は見終えたときに正直なところイマイチでした。でも「伝説の最期編」で持ち直したように感じます。ただ、その大きな理由は「伝説の最期編」で薫殿が空気というか、ほとんど出てこなかったから、と気付いて微妙な気がしないでもありませんが。

「京都大火編」は薫殿が攫われたところからラストシーンまでがダメダメでした。薫殿を人質にしたり、手間をかけて攫ってきたわりにはすぐに海に突き落としたり、後を追って海に飛び込んだ剣心が砂浜に打ち上げられて師匠に拾われたり、だなんて展開が陳腐すぎますよ~。「伝説の最期編」で、比古師匠はたまたま流木を拾いに海辺に行ったら剣心を見つけたと説明してましたが、あまりにご都合主義すぎるんじゃないでしょうか。一方、薫殿は薫殿で漁船に助けられたとかいう安易さもどうかと思ってしまいます。目を覚ました薫殿が砂浜をふらふら歩いてたのも意味がなかったようですし。ここらへんのエピソードはまるっと不要ではなかろうかと。

不要といえば、蒼紫が何のために出てきたのか不明でした。前編では「抜刀斎はどこだぁ~」しか言わない微妙なヒト、さらに後編では無意味に剣心の足止めをするヒト。蒼紫の出番を削ってもストーリーにさして支障がないのではないでしょうか。1作目で蒼紫を出さなかったツケがこんなとこに出てしまいました。

えっと、いろいろダメだししちゃってますけど、総評としては満足です、はい。

Comment (2) 

弱くても勝てます

今期のドラマで『弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』を放送してます。ニノ(嵐の二宮くん)が小田原城徳高校に赴任して弱小野球部の監督となり、弱いまま試合に勝てる方法を部員たちと実戦して頑張ってく話です。

学校の名前に小田原と入ってるように、小田原市が舞台です。はい、地元でございますね。

城徳高校には小田原高校を使っていて、毎週土日にニノが来てるのだとか。うらやましい。ロケは市内のあちこちでやってるようで、職場でもいろいろと目撃情報を聞きます。

ロケ現場はわたしも1度だけ見かけたことがあります。残念ながらニノはいませんでしたが、有村架純さんがいました。ひょっとしたら福士蒼汰くんや中島裕翔くんもいたかもしれないと思うと、もっとじっくり眺めとけばよかったとちょっと後悔。

見知った景色がドラマの中だと一種のパラレルワールドにすり替わって、奇妙な感じがします。

Comment (2) 

グリーンダカラちゃん

グリーンダカラのCMで歌が流れます。

♪ おかえりグリーンダカラちゃん ♪
♪ おやつがあるよ、その前に ♪
♪ うがい ガラガラ ♪
♪ 手洗い パシャパシャ ♪
♪ 水分補給 ♪

この歌詞に合わせて、グリーンダカラちゃん役の幼女が最初にうがいをし、その後に手を洗ってます。

これを見る度に思います。それって逆でしょ。先に手を洗ってからでなければ、汚れた手でうがいに使うカップを持つことになるじゃないですか。

CMを作った人への説明を、真選組1番隊隊員の隈無清蔵さんに依頼したいものです。トイレの後ではないけどもさ。

 Trackback (0)  Comment (2) 

トヨタ自動車のアクアのCM

ピアノ演奏でアレンジされた「千本桜」が流れるバージョンを先ほど初めて見ました。数日前にネットのニュース記事で読んでたけど、うわっ本当だったんだぁ、とか思っちゃいましたよ。

しかし紅葉を背景にした絵面で、なぜにBGMは桜なのかが疑問……。

Comment (0) 

たったいま『相棒』を見終えました

クライマックスで、誘拐、監禁されていた次長(石坂浩二)を救助するために、特殊部隊が現場に飛び込んだところで、母が一言。

「SATがさっと飛び込んだ!」

わたしは苦笑。

でもちょっと惜しい! 誘拐事件や立てこもり事件の場合は、出動するのはSITだと思われます。

 Trackback (0)  Comment (0) 

ドラマのガリレオ

な~んで柴咲コウさんから吉高由里子さんに変わっちゃったかなあ。それでなくても吉高さんは元々好きでないのに、ドラマでのキャラがすごく性格ブスで、彼女が出るたびイラつくっ!

 Trackback (0)  Comment (0) 

ただいま『ラストホープ』視聴中

なかなかおもしろいです。相葉ちゃんが主演したこれまでのドラマの中では一番いいかも。

そーいえば昨日は『ビブリア古書堂の事件手帖』のドラマを見ました。キャストのイメージは原作とまったく違いますけど、ドラマとしてそれほど悪くはなかったと思います。

ただ、OPの演出がちょっとねえ。本が次々と本棚から飛び出して床へと落ちていくなんて、本を粗末に扱うんじゃねえ、と演出家に説教したくなります。

 Trackback (0)  Comment (0) 

神経質 vs 大雑把SP

ただいまTVにて ↑ というタイトルでトーク番組をやってます。神経質な人たちがいかに神経質か、大雑把な人たちがいかに大雑把か、いろいろ話題が持ち出されてます。

実物のわたしを知ってる方はご存じのとおり、わたしはかな~り神経質です。なので、TVで神経質な面々が話すことには、しみじみわかる~って思います。潔癖あるあるとでもいいましょうか。特に浅香唯さんには親近感がわいてしまいました。

逆に大雑把な人たちの話す内容にはどん引きです。双方のタイプが分かり合えることは永遠にないでしょうねえ。ま、自分の領分でやってる限りにおいては放っておけばいいわけで、相手の領分に手出ししなければいいだけなんですが………………(我が家の内情をご存じの方はわたしの心情をお察しください)。

Comment (0) 

サイト・コンテンツ
ブログ・カテゴリー
ブログ・アーカイブ
RSS
ブログ内検索
管理人プロフィール
梶原 千早

愛犬たちとジャニーズが癒し。
趣味は読書。ジャンルはSF、ファンタシー、ミステリー、アクション、ホラーなど。
大きな声では言えませんが隠れオタクの同人女です。

・ 詳しい自己紹介
・ 同人サイト管理人に100の質問
・ 二次創作作家に100の質問
Template by repe
忍者ブログ [PR]